乾燥が気になるのでつけた時にピリピリしないもの、しっとり肌馴染みが良いものを選ぶようにしています。

メーカーに特にこだわりはありませんが、一度使ってみて肌に合わなかったメーカーはサンプルなどを頂いてから新しいものを試すようにしています。

また、香りが良いものは好きなのですが、あまり香りが強すぎるものは苦手なのでほんのり香るくらいのものを買うようにしています。

無添加の化粧品は肌にとってはダメージも少なく使いやすいのですが「無香料」となっていても、その商品の香り自体が気になる事があるので「無香料」よりもほんのり香るものが好きです。

高価すぎるものは長く続かないし、すぐ手に入るものの方がお値段を気にせずバシャバシャと使えるのでお安いものでなるべく肌にダメージがないものを選びたいと思います。

メイクアップで素顔よりも美しくなることは出来ますが、基本的には素顔がきれいな状態でないとメイクのノリも悪く、肌トラブルも増えてしまいます。

基礎化粧品を選ぶ時に、自分の肌にぴったりなものを選ぶのはわりと苦労してしまうので多くの人が、一度「自分の肌に合う」と感じたら、その基礎化粧品は当分使い続けると思います。

新しく別の基礎化粧品のラインを全部そろえるのはなかなか勇気が要りますし揃えて使わないと効果が出にくいという理由から他のメーカーやブランドのものと合わせて使う事も少ないと思うので一度で全部新しいものに切り替える人は多いのではないでしょうか。

自分の肌に合った基礎化粧品と出会うことが出来ればメイクをしなくても、すっぴんでも綺麗な肌で自信を持って日焼け止め程度で外出できるのではないかと思います。

理想的なのは赤ちゃんの様なモチモチ肌です。

基礎化粧品だけでモチモチのキメの細かい肌をキープすることが出来ればとても嬉しいです。

ドモホルンリンクルは、30代からの基礎化粧品という事で10代、20代の頃はドモホルンリンクルのCMを見ていても「おばさんが使うもの」といった印象しかありませんでした。

ところが、実際自分が30代になってからドモホルンリンクルを使う機会があったのですがいざ使ってみたらその使い心地はとても高級感があって、肌を手のひらで触ってみてもモチモチと吸い付くのでとても驚きました。

「ペタンペタン」と音がするくらい肌が引っ付くので、まるで糊でもついているような感じだったのですが、翌朝顔を洗った時にはっきりと、それまでの化粧品との違いを実感しました。

水がするすると肌を流れて、自分の歯だが自分じゃないみたいな感覚でした。

普段は肌の表面に皮脂がのったままの様な状態でしっとりとした感覚はあまりないのですがドモホルンリンクルを使った翌朝は、肌がしっとりと柔らかくなっているような気がして、やはり化粧品の力の差なんだなと感じました。
ドモホルンリンクル お試し