カテゴリー別アーカイブ: 未分類

普段から美白を心掛けているので、資生堂のシンクロスキンホワイトを愛用

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションはそれぞれに違ったメリットデメリットがあると思います。

リキッドファンデーはパウダーファンデーションに比べてカバー力に優れ、マットに仕上がるイメージです。

ただ化粧崩れしやすかったり、化粧崩れした場合にもメイク直しがしにくいというデメリットがあります。

私はメイク直しは上塗りしていましたが、どうしてもヨレやすくきれいに仕上げることが出来ませんでした。 

パウダーファンデーションは、リキッドファンデーションに比べて軽い付け心地ですがその分カバー力はあまり期待できませんでした。

リキッドファンデーションに比べると化粧直しはしやすいのですが、付け過ぎると粉っぽくなってしまうこともあり、自分の肌に合うパウダーファンデーションを見つけるのは案外難しいなと感じていました。

またリキッドファンデーションだと夏はべたついてしまうことが多いので、使用は避けていました。逆にパウダーファンデーションも肌が乾燥しやすい冬には向かないと思います。

クッションファンデーションの中でもシンクロスキンホワイトには美白成分が含まれていて、ファンデーション自体に美容効果があるところが気に入りました。リキッド状なのにふわっとした付け心地でとても気に入っています。

またSPF40なので、日焼け止めを塗らなくてもシンクロスキンホワイトで紫外線対策も兼ねられるところも良いと思います。

シンクロスキンホワイト自体のカバー量はそこまで高くはない気がしたのですが、下地やコンシーラーを気になる部分に多めに付けておけば全く問題ありません。

肌全体に透明感が出て顔色も明るくなるのですが、パウダーファンデーションでありがちな白浮きや粉っぽさは全くありません。

保湿成分や天然由来成分が配合されていてお肌にとても優しい使い心地です。

化粧崩れもしにくく、私は朝付けると夕方まで化粧直ししなくても大丈夫です。

ただ白をイメージしたコンパクトケースはシンプルすぎるような気がするので、もう少しデザイン性があれば良かったなと思います。

資生堂 シンクロスキンホワイト 口コミ

植物由来ということでまずお肌にとても優しいというイメージがありました。

また植物という自然の中にある成分の力で、肌本来が持つ美しさを取り戻すことが出来るのではないかという思いも湧きました。

特に私の肌はとても敏感で刺激に弱く、「低刺激」と書かれてある製品でも付けた後にヒリヒリしたり赤くなったりということがよくありました。

エイジングケアを考えたときにまずは基礎化粧品から見直すことにしたのですが、どうせなら肌に優しい成分で出来たものを使っていきたいと考え、植物由来の基礎化粧品を探すことにきめました。

バラベンやアルコール、化学香料が使われていないいわゆる「無添加」の基礎化粧品は溢れていますが、植物由来の成分にこだわった基礎化粧品はあまりなく、レクシアのアルケミーを見つけたときには「これこそ自分が求めていたものだ!」と思い、嬉しくなりました。

インターネットの口コミでもとても人気のある商品だということがわかり、さっそくトライアルセットを注文して使ってみることにしました。

まずはアルケミーの2週間のトライアルセットを使ってみたのですが、植物由来の酵母発酵エキスVEGALによる潤い力をすごく実感しました。

メイク落とし、洗顔料、ローション、ディープセラム、インテンシブクリーム、デイクリームの6つがセットになっていたのですが、そのどれもが植物由来の成分で出来ているので肌への負担が激減し、2週間後には肌そのものが潤う力を取り戻しているのを感じました。

例えばこの中の一つだけが植物由来であってもそれなりに効果はあるとは思うのですが、アルケミーの基礎化粧品をライン使用することでパーフェクトな効果が得られるように思います。

もちろんその後トライアルセットと同じものを全て買い揃えて使っているのですが、それまで抱えていた乾燥肌の悩みが解消されただけではなく、肌本来の持つハリや艶が戻ってきたのをすごく感じています。

またオールインワンと違い、その日の肌の状態や調子に合わせて、細やかに使い分けできるところも気に入っています。

アルケミーの口コミを見る